オランダUBO (最終受益者) 登録義務について

 

1.はじめに

 

 2020年9月27日に、オランダの法人はオランダ商工会議所のUBO登録簿にUBO情報を登録することが義務付けられました。2022年3月27日までは、新規設立の法人のみUBO情報登録が義務付けられていましたが、2022年3月27日以降、既存の法人についての18ヵ月の猶予期間消滅に従い、すべてのオランダ法人にUBO登録簿にUBO情報を登録する義務が課せられます。

 

2.UBO登録簿に登録する必要がある法人とは

 

株式を上場しているB.V.及びN.V.又はその100%子会社以外のすべてのN.V.及びB.V.、又はその他の法人は、UBOに関する情報を登録する義務を負います。

 

他国の法の下に設立された法人はUBOに関する情報登録の義務を負いません。従いまして、例えば、オランダに存在する日系企業の支店、駐在員事務所はUBO登録簿に登録する必要はありません。ちなみに、フリーランサー(個人事業主)もUBO登録簿に登録する必要はありません。

 

3. UBO(最終受益者)とは

 

UBO(最終受益者)は、法人の事業経営を実際に管理、所有、又は支配する権限を持っている者です。事業形態や資本関係等により異なりますが、株式の25%以上を持っている者、議決権総数のうち25%を超える議決権を有する者、又はその他の手段により事実上法人を支配することができる者を指します。

 

4.UBO登録簿に登録するべき情報

 

 UBO登録簿に登録するべきUBOについての情報は以下のとおりです。

 

①   氏名

②   出生月、出生年、居住国及び国籍

③   UBOが有する経済的利益の性質及びその金銭的範囲

④   出生日、出生地、出生国及び住所

⑤   BSN(市民サービスナンバー)又はオランダ以外の国の納税者番号

⑥   UBOに関する情報を確認することができる書面の写し(例えば、パスポートや公共料金のコピー)

⑦   UBOが有する経済的利益の性質及びその金銭的範囲を示す書面の写し(特に、株主名簿、定款、預託証券保有者名簿、公証人設立証明書等)

 

上記①、②、③は誰でも閲覧することができます。④から⑦については、金融情報担当当局、警察、検察庁等がこれらにアクセスすることが可能です。

 

尚、マネーロンダリング • テロリスト金融防止法に基づいて、銀行、法律事務所、会計事務所、税理士事務所、コンサルティング会社、トラストカンパニー等は、それらが保管してある情報とUBO登録簿に登録された情報に相違がある場合は、その旨オランダ商工会議所に報告する義務を負っています。

 

5.罰則

 

 上述のとおり、オランダの法人はオランダ商工会議所にUBO情報登録及びその登録情報更新をする必要があり、UBO(最終受益者)がその登録に協力することが必須となっています。義務違反に対し、行政罰及び刑罰として罰則が科せられる可能性があります。義務違反に対する最大の罰則は、EUR21,750までの過料金支払い、2年までの禁固となります。

 

6.登録の期日

 

関係のあるすべてのオランダ法人は、2022年3月27日までにUBO登録簿にUBO情報を登録するする必要があります。オランダ法人が新規に設立される場合については、設立後8日以内にUBO情報をUBO登録簿に登録しなくてはなりません。

 

7.おわりに

 

皆様におかれましては、オランダ商工会議所のUBO登録簿にUBO情報をすでに登録されましたでしょうか。UBO(最終受益者)を正しく特定することは非常に重要となります。

 

弊所では、会社法担当者がUBOを正確に特定するサボートをし、特定したUBOの情報を公証人がオランダ商工会議所のUBO登録簿に登録するサポートをすることが可能です(これは公証人の仕事です)。

 

サボートご希望につき、ご連絡いただければと存じます。

 

ホイセン法律事務所 HEUSSEN
山田千鶴子 Chizuko Yamada, LL.M.
Email: chizuko.yamada@heussen-law.nl
Website: www.heussen-law.nl/ja/ (日本語)

お問い合わせ:

Back